公益財団法人 日本盲導犬協会について



「公益財団法人 日本盲導犬協会」という所に寄付をするとですね、こんな感じの広報紙が送られてくるワケですが・・・読んでビックリですよ??

現在活動している現役の盲導犬が約1000頭。
それに対して、全盲認定者の数は・・・

なんと、10万人!!

まぁ、全盲の方が全員、盲導犬の介助を希望しているワケではないそうですが、それでも現在、希望者は約7800人。
つまり、8人の内、1人にしか盲導犬が行き渡っていないのが現状だそうです。

「盲導犬の数って、なんでそんなに少ないの??」

パラパラと広報紙を読んでいるうちに、すぐにその疑問は解けました。
当たり前といえば当たり前の話ですが、優秀な盲導犬を育成する為には、先ずは優秀な盲導犬育成士を育成しなければなりません。そう、ダブルコストなんです。
車椅子みたいに、モノだけ寄付すればいいというワケではないのであります。
この記事を読んで、少しでも盲導犬に興味を抱いて下さった方。
貴方の尊い血財の御寄付を御願いする次第です。

おっと、あらかじめお断りしておきますが・・・
僕は自分が善良な社会人だなどとは、これっぽっちも思っておりません。
ですから、僕だって福祉全般に興味があるわけではありません。
「知ったこっちゃねーや」と思っている分野も、当然あります。

ただ、自分の心が動いた事にだけは、正直でいたいだけであります(^_^メ)
【広告】

0 件のコメント :

コメントを投稿