【書評】最新脳科学で読み解く 脳のしくみ


以下、アマゾンに投稿したレビューです。

5つ星のうち 5.0 脳科学ブームに一石を投じる良書, 2009/7/6
By 安井 真守 (群馬県高崎市) - レビューをすべて見る
脳神経学の専門家である二人の著者が、日本で現在ブームの脳機能学や認知心理学といった脳科学本とは一線を画す形で、「脳の物理的な仕組み、物理的な働き」を豊富な臨床例を元に解説しています。

この本の至上命題は、巻末の訳者後書きにあるように、「脳の神話を暴くかわりに、それとおなじだけの、人びとの心を引きつける話題を見つけようとした」(327ページ)という点です。

この、科学者らしい高潔にして合理的な信念によって、てんかん発作や自閉症に対する世の人々の永年の誤解を解く一方、「脳を鍛えるトレーニング」の宣伝文句に騙されない方法や、果ては「赤ワインの定期的な摂取は認知症のリスクを軽減する」といった日常生活の中で使える「チョイテク」の紹介に至るまで、科学的信憑性を損なわずに大衆の関心を引く事に成功しています。

書評


EmoticonEmoticon