芸能界と芸能人


昨今・・・

ミュージシャンや芸能人の不祥事が、もはや日常的と言ってもいいぐらい、頻繁に報じられていませんか??

小室 哲哉、
草彅 剛、押尾 学、酒井 法子・・・

数年前には、稲垣 吾郎が当て逃げで捕まってるし、
布袋 寅泰だって、人を殴って捕まってるし、元DREAMS COME TRUEの西川隆宏だって、覚せい剤所持で実刑判決受けてるし・・・

田代 まさしに至っては、言うに及ばずですね(^_^;)

んで、僕はここで、「アンタら芸能人は、一般大衆に夢を売るのが仕事だろう!!常に襟を正してなきゃ駄目だろう!!」などと、もっともらしい事を叫ぶつもりはありません。
むしろ、「まぁ、同じ人間なんだし、消化できない煩悩の一つや二つ、アンタ達にもあるよね・・・」と、同情したいぐらいです。
素人の僕が想像したって、分刻みのスケジュールなんて地獄ですもん。

では、何を問題にしたいのかと言うと・・・
「芸能人」ではなく、「芸能界」なんですよね。

不祥事を起こした芸能人達だって、最初は自分自身が望んで「道」を選んだ筈。
それが何故、いつの間にやら犯罪者になってしまうのか??

それは結局、「芸能界」にとって芸能人は「人」ではなく、「商品」だからではないでしょうか。

例えば、その芸能人自身がファストフードが嫌いで、自分からは一切口にしなくても、CMの依頼が来れば笑顔でハンバーガーを頬張らなくてはなりません。

あるいは、犯罪スレスレのドッキリ企画や、安全性が充分に確保されていないアクション撮影・・・
快適な録音環境の確保よりも、アルバムの宣伝広告に金と時間をかけたがるレコード会社・・・

そんな生活を繰り返しているウチに、「俺って人間じゃないのかなぁ・・・俺の人権って、どこに行っちゃったんだろう・・・」などと、鬱々と考え込んでしまう事は想像に難くありません。

もちろん、芸能界側にしてみれば、「我々は大衆のニーズを満たしているだけだ。一般大衆がそれを望んでいるのだ」などと、憶面も無く言うでしょう。

この論法、大衆が望んでもいない高速道路やダムを建てる政治家と、全く同じですね。

さて、僕はここで、一般視聴者を代表して言おうと思います。

「芸能人の皆さん。もう、危ない事や恥ずかしい事はしなくていいですよ。我々視聴者は、そんな事は望んでいません。それよりも、明るく楽しい未来を創る活動をして下さい。我々視聴者に、明るく楽しい未来を指し示す旗手になって下さい」
【広告】

0 件のコメント :

コメントを投稿