【書評】脳機能を活性化する「超」快眠術


以下、アマゾンに投稿したレビューです。

5つ星のうち 5.0 睡眠の脳科学について、今一度詳しく理解できる本, 2010/1/22
By 安井 真守 (群馬県高崎市) - レビューをすべて見る
脳機能学者を謳いながらも、過去の著作では実際の研究データの公表や、医科学的な図式を用いての解説はあまりしてこなかった苫米地氏。

ところが、本書では睡眠時の脳波の移り変わりを示すデータを用いて、「睡眠の脳科学」を解り易く丁寧に解説しています(31,34ページ)。
その上で、従来の「早寝早起き」という理想論に縛られずに、現代人の様々な生活習慣に合わせた「睡眠設計図」の構築を提唱しています。

「光を遮断する」(69ページ)
「音をさえぎる」(71ページ)
「2500ルクス以上の光に当たる」(75ページ)
「30分の昼寝でパフォーマンスアップ」(77ページ)

なお、付属の「パワースリープCD」と「パワーウェイクCD」ですが、個人的には「一瞬で相手をオトす洗脳術」(マキノ出版刊)に付属の「リラクゼーションCD」で元々眠れていますので、特に「パワースリープCD」の方が効果が高いという感じはしませんでした。
「パワーウェイクCD」についても、血圧の低い人が起床時にCDだけ聴いても充分な効果があるとは思えないので、熱いシャワーを浴びるなりウォーキングするなりして体温を上げてから聴いた方が、より効果が期待できるでしょう。
【広告】

13 件のコメント :

  1. マモリさん
    最新DVDのレヴューまだですか?
    あれ凄いっすよ!!
    見た目は何てことない映像ですが。

    返信削除
  2. >1 Kimさん
    やぁやぁ、いらっしゃい(^_^メ)
    うっ、最新DVDとは・・・
    「夢をかなえた覚醒力」の事ですね??
    申し訳ありません!!
    未だ購入してません!!
    さすがに、金が尽きました(T_Tメ)
    Amazonから鴨と葱の絵が描かれたカードが送られてきたんですが、一体、どういう意味でしょうか??
    (嘘)
    充電(貯金)が出来次第、レビューを再開しますんで、暫しのお待ちを♪

    返信削除
  3. はじめまして。突然のご連絡失礼いたします。
    株式会社ニューノーマルと申します。
    現在弊社では、「R+(レビュープラス)」という、普段から書籍や雑誌などのレビューを書いていらっしゃる活発なブロガーの皆様と、企業とを結びつけるレビュー専門ブログネットワークを運営しております。
    直近では「大前研一ライブ」のレビュアー募集を行っており、今回ブログを
    拝見させて頂き、どーも、マモリです(^_^メ)様にもご参加いただけたらと思い、ご連絡させていただきました。
    サービスの内容といたしましては、企業が提供する書籍や雑誌をブロガー様に配布し、ご自身のブログにてそのレビューを執筆して頂く、という流れです。
    ブロガー様には、無料にて献本させて頂きます。
    詳細はこちらより、ご覧くださいませ。
    http://reviewplus.jp/service
    ご興味をお持ち頂ければ、ご登録いただければ幸いです。
    ご質問等ございましたら、何なりとお問い合わせくださいませ。
    失礼いたします。

    返信削除
  4. こんにちは(^-^)
    ご無沙汰しておりました。
    睡眠、本当に大事ですね。私も寝付けない日が続くと、体調がおかしくなります。
    ついつい、寝酒に手が伸びる日もありますが(苦笑)

    返信削除
  5. >4 下ちゃん
    えっ、下ちゃんは寝酒派ですか??
    寝酒飲むと、自分の心音が気になって余計眠れなくなりませんか??
    やはり、基本は日中にしっかりと光を浴びる事らしいので、在宅時でもカーテンは開けて、陽光を採り入れるようにしてみて下さい。
    そういえば、農家の方で「眠れない」なんて言ってる人は、まず居ないですもんねぇ
    自然のリズムが出来てるんでしょうね(^_^メ)

    返信削除
  6. あと気功も良いみたいです。

    返信削除
  7. >6 kimさん
    昨今の気功に対する注目度と期待度は、スゴイものがありますよね!!
    医師でも、気功を研究したり採り入れたりしている人もいるとか?
    つい20年ぐらい前まで、風水や占いと同程度の扱いだったのに・・・
    ゆくゆくは、気功が正式に「医療行為」として認定されて、今度こそ本当に「脱・薬漬け医療」が実現されるかもしれませんね♪

    返信削除
  8. 評価が高まるのが期待されますね。
    ただ「医療行為」になってしまうと、いわゆるお医者様しか気功の施術が出来なくなってしまいます。逆にお医者様なら気功ができなくても気功の施術ができることになります。なかなか難しい問題ですね。

    返信削除
  9. >8 kimさん
    あー、なるほど、その問題がありましたねぇ・・・
    ひょっとしたら、鍼灸師や整体師と同じように、別資格として「住み分け」する事で解決されるかもしれません。
    実際、医師だからといって必ずしも、骨折治癒後のリハビリにまでノウハウがあるとは限りませんから、経過を観察して適切な調整を施すという意味で、鍼灸師や整体師が存在するワケです。
    それと同じように、気功師も最初は医師の治療後のリハビリや、精神的なケアといった形で、徐々に普及していくかもしれませんね。

    返信削除
  10. そうですね。
    製薬会社の利権を守るような体制はいち早く止めて、本当の健康を目指す制度を望みます。

    返信削除
  11. >9 kimさん
    あぁ、利権の問題もありますねぇ・・・
    既に議論されているのかもしれませんが、医師会の方で「気功を医療行為として認めて、保険を適用したらどうか」という話になっても、製薬会社は猛反発して、厚生労働省や厚生族議員に根回しする事は当然、予想できますね。
    もっとも、我々国民一人一人が薬依存から脱却して「病気にならない生活習慣」を構築すれば、おのずと医師、病院、製薬会社、そして医薬品の絶対数が減って、その分の社会資産を他の分野に回したり、あるいは税金、保険料そのものが値下げされる日が来るでしょう。
    本来、医者と警察官はヒマな方が望ましいワケですから(^Д^メ)

    返信削除
  12. そういえば、苫米地博士のDVDやCDでも、うつなどに効くものが出るとよいですね。では。

    返信削除
  13. >12 kimさん
    あはは、まったくおっしゃる通りです(^Д^メ)
    それも切に願ってます♪

    返信削除