夢や目標を捨てて、身軽になったが勝ち??

↓ヤバイ、この人は大丈夫だろうか(ノ∀`;)
http://diamond.jp/articles/-/9479

「夢や目標がないから…」といって、目の前にある仕事や、目の前にいる人をおろそかにしていては、人生がよくなっていかないし、そんな状態では、結局「夢」だって見つからないまま、どんどん歳をとっていってしまうと思うのです。

あのぅ、それって、典型的な「シリアル思考」なんですけど…
人生に夢や目標を持つ事と、目の前の仕事を誠実に務める事は、まるっきり次元(抽象度)の違う話でしょ??

日々の仕事は誠実に務め、その間に独立起業の為にコツコツと貯金したり、あるいは資格試験の為の勉強をしたり・・・

それらをごく普通に、並列的にこなしてる人はいっぱい居るでしょう??

http://diamond.jp/mwimgs/c/a/300/img_cac0f60627299582ed629a38e4a8b06213812.gif

更にヤバイのは、この挿絵です。


「目的地を決めてしまうと そこまでしか飛べない」

そこで給油して、別の目的地を目指せばいいだけの話じゃございませんか??

あまりにも論調がおかしいなぁと思ったら・・・

しかし、学生時代に「ソフトテニスの実業団で活躍する」という夢がなくなって以降、夢のない僕にとっては、こういったメッセージに触れる度に「夢のない自分はダメ人間なんだ…」と、ドンドン自分を追い込んでしまっていたのです。

なるほど、この人は一度、夢を諦めた人なんですね。
その時点で別の夢や目標を掲げ直して再スタートを切れば良かったものを、最初の夢を諦めた自分を受け入れる事ができずに、体育会系特有の「全力幻想」に逃避してしまったと…


鬱病を患わない事をお祈り致します。

【広告】

0 件のコメント :

コメントを投稿