【書評】脳を活かす生活術


以下、Amazonに投稿したレビューです。

5つ星のうち 5.0 人は一人で生きるようには設計されていない2011/8/20
投稿者 安井 真守 (群馬県高崎市) - レビューをすべて見る

自分の能力や個性を活かすという事について、私達はつい、生まれつきの才能や岩に齧り付くような努力を連想してしまいますが、それを宥めるように、以下のように述べられています。

「『共感する』という脳の大切な特徴は、このミラー・ニューロンによって支えられていると考えられているのです」(139ページ)
「個性というものは、他人との関係性においてこそ磨かれるという真理があるのではないでしょうか」(140ページ)

「人は一人では生きていけない」という、この当たり前すぎる言葉を、私達は今まで、どちらかといえば哲学的、総論的な意味で使っていた感がありますが、このミラー・ニューロンの発見によって、もっともっと根源的、生物学的に「人は一人で生きるようには設計されていない」という事が明らかになったのではないでしょうか。

他にも、
「○○らしさから自由になる」(156ページ)
「行き詰った時は、単純作業で回路を切り替える」(164ページ)
「『個人のグーグル時価総額』を上げろ」(190ページ)
等々、21世紀に生きる私達が陥りやすい社会的な罠や葛藤に対して、最新の脳科学を根拠に簡潔明瞭なる対処法を答えてくれます。

本書の登場によって、過去に出版された、特殊な環境で生まれ育った人達が記した「狭義な成功哲学本」の需要に終止符が打たれ、誰もが今日から活用できる本来的、普遍的な「科学的成功法則本」の時代が幕を開けたと言えるでしょう。
【広告】

9 件のコメント :

  1. はじめまして
    最近、苫米地さんが物凄い好きになりました。
    それで本を読もうと思ったんですが、いっぱいありすぎてどれから読めばいいのか分かんないです(>_<)
    おすすめを教えて頂けると有難いです。
    とりあえず、「苫米地式コーチング」は読みました。

    返信削除
  2. >1 ペケポンさん
    やぁ、いらっしゃい(^_^メ)
    まず、苫米地氏の書籍は、大別して以下の二つに分類する事ができます。
    ●仕事や勉強の効率アップなど、具体的なテクニックを紹介しているもの。
    ●社会洗脳について、総論的に深く掘り下げているもの。
    貴方自身のゴール設定やライフスタイルによっても、読むべき本は若干変わってくると思いますが、オールラウンドにどんな場面でも対応できる(つまりテクニック系)という意味合いで、私は以下の三冊を最初に読む事をお勧めします。
    「まずは親を超えなさい」(フォレスト出版)
    「人を動かす『超』話し方トレーニング」(ソフトバンククリエイティブ)
    「人生を劇的に好転させる自己洗脳ルール44」(学研パブリッシング)
    上記三冊を読んで日常生活に確かな変化を感じたら、次は社会洗脳について深く掘り下げた「洗脳支配」や「現代版 魔女の鉄槌」を読むと、更に理解が深まります。
    参考になれば幸いです。

    返信削除
  3. ありがとうございます!!!!!!
    上の三冊読みます!!
    ちなみに自分はまだ学生なので、苫米地さんの本を読んで頭を良くしようとたくらんでおります。

    返信削除
  4. おもしろいの見つけました!
    苫米地さんの本にもサブリミナルのCDがついている物がありますが、テレビでも使われていたんだそうです。
    NHKもやりますな(笑)
    http://blogs.yahoo.co.jp/sonosono159/59792020.html

    返信削除
  5. >4ペケポンさん
    あぁ、俄かに話題になりましたね、コレ。
    でもまぁ、こんなの洗脳手法の初歩の初歩ですから(^д^メ)

    返信削除
  6. しょ、しょしょしょしょしょ初歩ですか!!
    すごい世界ですね・・・・

    返信削除
  7. 苫米地さんの本、面白いっす!(>_<)
    つぎつぎ読みたくなります。
    ところで
    マモリさんは変性意識状態に入れますか??
    たびたび本で出てきますが、なんだかよくわかんないです。。

    返信削除
  8. >7 ペケポンさん
    おっと、これは難しい質問ですね(^_^;)
    「変性意識状態に入った事は何度かある筈だか、どれがソレと特定する事は難しい」というのが答えです。
    そもそも、変性意識状態の定義というのは、あくまでも「普段とは違った意識状態」という事であり、外科的に「脳波が何Hzから何Hzまでの間を変性意識状態と呼びます」という厳格な定義は未だ無いワケです。
    瞑想してリラックスしている時も変性意識状態なら、記憶が飛ぶほど酔っぱらっている時も悪い意味での変性意識状態でしょうし、好きな漫画を読んでその世界観に入り込んでいる時、親しかった人が亡くなって悲しみに暮れている時等々、いくらでも「それらしい状態」は日常の中に在るワケです。
    なので、変性意識状態そのものよりも、「それに至る前提条件」の方が、どちらかといえば大事だと思われます。

    返信削除
  9. ありがとうございます。
    ん~なかなか難しい話です。。
    変性意識が大事ということは本読んでわかるんですが、なかなか入れそうにもないので困ってました。
    んでんで、いろいろ調べてたら面白いのが出てきました!
    自律訓練法というものです。
    http://tensaininaru.fc2web.com/index.html
    ��どんな感じだったかわかりませんか?
    ��漏れも変性意識っぽい感覚になることがあるんですが、本当になっているのかよくわからないので・・・
    ��よろしくおながいします。
    うーん、ひとそれぞれだからね。
    変性意識にはいったかどうかわからないとあるけど、変性意識になったら、はっきりわかるよ。
    ぜんぜん違うから。最初のころは、変性意識になると、なれないせいかすこし恐怖感があった。
    でも、慣れると、気持ちがいいと感じるようになった。変性意識状態であることを楽しめる。
    とりあえず本買って試してみようと思うので、また報告します!

    返信削除