ストレングス・シンボル

「セックス・シンボル」という言葉を、皆さんご存知かと思います。
一般的には「性的な魅力によって人気を得ている人物」と解釈されていますね。

古いところでは、女性ならマリリン・モンロー(Norma Jeane Baker)、男性ならエルビス・プレスリー(Elvis Aron Presley)が挙げられるでしょうか。

まぁ、カタカナで「セックス」と書くと、どうしても卑猥な意味に捉えてしまいがちになりますが、単純に「モテる男、モテる女の代表者、象徴」と捉えて差し支えは無いでしょう。

さて、このように「○○の代表、象徴」という意味合いで用いられる「○○シンボル」という言葉は、他に何が挙げられるでしょうか??

あれっ…

いざ問われると、なかなか出てきませんね。
精々、「ステータス・シンボル」 ぐらいでしょうか。

ステータス・シンボルとは、「その人の社会的な地位や身分を象徴するもの」 という意味で、20世紀末のバブル経済華やかなりし時に、盛んに使われた言葉です。
例えば「社長のベンツ」などという言葉は、その典型例でしょう。

さて、そんな前置きを踏んだ上で…
私は、この21世紀に流行らせたい言葉として、「ストレングス・シンボル」という言葉を提唱したいと思います。

「ストレングス」(strength) とは、直訳すれば「力」や「力強さ」、あるいは「体力」「耐久力」などを指す言葉です。
「パワー」(power)とは何が違うのかと問われそうなので、辞典上の定義を説明すると、「power」の方は「人力」(例えば腕力)だけでなく、自動車や発電機等の「機械の出力」や、川の水や風の流れといった「自然の力」も含めた、非常に広い範囲を指す言葉です。

それに対して「strength」の方は純粋な「人力」、つまり、腕力や体力、忍耐力や耐久力などを指す言葉です。
用法としては、誰かが「あの人は、我々のストレングス・シンボルだよね」と言った時に、それが「皆に力を分け与えてくれる存在」 「先頭に立って手本を見せる存在」を指している、という訳です。

もっとも、「先頭に立って手本を見せる存在」と言うと、「それって、リーダーの事じゃないの??」と思われるかもしれません。

まぁ、その通りです。

つまり、今まで「リーダー」と呼んでいた存在を「ストレングス・シンボルと呼び替えましょう」と主張したいワケです。
その理由は単純明快で、「リーダー」という言葉は、あまりにも濫用され過ぎて有難みが無くなってしまったからです。

例えば、皆さんの職場の中の、皆さんが所属する部署の中で、責任者や代表者を決める会議の際に「リーダー」に推薦されたら…嬉しいですか??
それまでとは比較にならない程の権限と、相応の昇給が保証されでもしない限り、「リーダーに推されるなんて、まっぴら御免だ」という人の方が多いのではないでしょうか??

その事が何を意味するかと言えば、もはや「リーダー」という言葉は羨望の的でも能力の証でもなんでもなく、単純に「厄介事を押しつけられる役目」「他人の失敗の尻拭いをする役目」という、消極的な意味合いに転化してしまったからではないでしょうか。

確かに「君はリーダーなんだから、他の者より早く出勤して手本を示さなきゃ駄目じゃないか」などという言い方は、いかにも経営者が使いそうな「作為的運用」ですよね。

今日から私は、皆さんにとっての「ストレングス・シンボル」を目指します。

2 comments

僕も目指したいです!…が、僕の場合『無意味かつ有害な社会的ルールを積極的に犯す』という方向に行きそうなので、まずは『無意味かつ有害な社会的ルール』とは何か?というところから熟考してみたいと思います。

>1 パルさん
「長男が家業を継ぐのは当たり前」「お辞儀の角度は45度」みたいなヤツですかww
いいですね、一緒に犯しましょうΣd(`∀´メ)


EmoticonEmoticon