生命の、強さと不思議と尊厳と

脳死判定から3か月、ハンガリー人女性が男児出産
http://www.afpbb.com/articles/-/3003256?pid=12531190
まずは、上記の記事を読んでもらいたい。
脳死判定を受けた女性が、帝王切開で出産したという驚愕のニュースだ。

素人なりに考察するのであれば、体外の認知・認識や、人格を司る大脳の機能が失われて脳死の判定が下されたとしても、生命維持や生殖を司る脳幹が無傷であれば、このように出産も可能である・・・という事なのかもしれない。

しかし、そういった事後検証は専門家に委ねるとして、今は唯々、新しい生命が失われずに済んだ事に安堵しようではないか。
残念ながら、脳科学を始めとした医科学全体がもう少し進歩しなければ、まだまだ、こういった出来事には「神秘」という言葉を冠する以外に無いのかもしれない。
【広告】

0 件のコメント :

コメントを投稿