女性にモテる最も簡単な方法

女性にモテる方法

今さら、こんな記事を書く必要性に駆られるとは思いませんでした、が…

Twitterを見ていると、あまりにも多くの男性諸氏が「モテない、モテない」と嘆いているので、今回は思いっきり抽象度を下げて、私自身が結婚前に開発(?)して実践していた「女性にモテる方法」を披露したいと思います。

やり方は、とても簡単です。

毎日3分間、鏡に映した自分の眼を見ながら
「俺ってカッコイイ!!」と力強く唱えるだけ。


本当に、たったそれだけです。
これを読んでピンときた人は、ちゃんと勉強している人。

即ち、これはアファメーションの一種(というか自己洗脳そのもの)であり、世の中でよく言われているような「○○でなければモテない」という思い込み(つまり被洗脳)を払拭するのに、最も簡単でお金の掛からない方法であると言えます。

どういう事かと言うと、ちょっと名のある「発信者」(ジャーナリストや○○コンサルタントの類)が、やれ「モテる男の条件」だの「モテない男に共通する事柄」などと、さもそれが帰納的に導き出された事実であるかのように言うものですから、皆さん、すっかりそれを信じ込んでしまい、「俺は○○じゃないからモテない」などと、当の女性に確認する前から「自分はモテない」と決め込んでしまっているのです。

よく考えてみれば瞭然な話ですが、自分が女性から見てモテるタイプか否かを「客観的に」判断したければ、当の女性に直接聞いてみなければ判らない筈。

なのに、なぜ男性同士で「モテる、モテない」などと議論しているのでしよう??
そんなの、時間の無駄だと思いませんか??

なので、「自分はモテるタイプだと、自分で決めてしまえ」という事です。

私自身、大学どころか高校にも行っていない「元DQN」です。
写真を見てもらえば分かる通り、外見だってキムタクや福山雅治とは程遠い、単なる「おちゃらけたオヤジ」です。
服装だって、四年以上も履いているGパンに「しまむら」で買ったTシャツです。
その「おちゃらけたオヤジ」でも、今や普通に家庭を構えて安穏とした日々を送っているんですよ??

それなのに…

私よりも学歴があって、服装だって私よりもキチンとしている皆さんが女性にモテないなどという事は、本来的に全く有り得ない話なのです。

では、何が問題なのか??
「話術」なのか??

まぁ、それは否定しません。
確かに女性を「その気」にさせる話術は存在しますし、私自身、それを行使してきました。

しかし、それ以前に「F1マシンはF1ドライバーが運転するからこそ速い」という事実を再認識する必要があります。
つまり、「モテる話術というものは確かに存在するが、話術が先に在ってモテる訳ではない」という事。

そう、前述の「自分で決めてしまえ」という部分が先に来るワケです。
F1ドライバー(が運転するF1マシン)が速いのは、「俺はマシンを自分の手足のように操れる」と自ら決めているからです。

さぁ、皆さんも早速今夜から、鏡に映る自分に向かって「俺ってカッコイイ~♪」と決めてあげて下さい。
サッサと彼女作って一通りイチャイチャして満足したら、共に「その先」を目指しましょう。

6 コメント

  1. マモリさん!
    おもしろい動画見つけてきました!
    江頭くんの番組に苫米地さんが出たやつです。
    江頭くんと苫米地さんが話ししてます(笑)
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm2247066
    苫米地さんの回の「博士も知らないニッポンのウラ」とかマモリさん見ました?

    返信削除
    返信
    1. >ペケポンさん

      えっ、こんな番組があったんですか!!
      生憎と、ニコニコ動画のアカウントを持っていないので観られませんorz
      「博士も知らないニッポンのウラ」はyoutubeで観ましたよん♪

      削除
  2. そうなんだあ。

    返信削除
    返信
    1. >みんとさん

      よほどの美男美女に生まれない限り、よほどの才能に恵まれない限り、他人からホメてもらえる機会ってそんなに多くないですよね?

      特に日本人の場合は「謙遜は美徳」だと教え込まれて育ちますから、なおさら自信なんて育たないワケです。

      なので、まずは自分で自分をホメる事から始めないといけません。

      削除
  3. 検索からきました。
    早速試してみます!
    「カッコイイ」以外にも、応用ができそうですね。
    「自信満々」とかでもできますかね?

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん

      はい、目的に応じて、どんな文言に替えて頂いても構いませんが、厳密に言うなら「俺は○○だ!!」「私は△△です!!」のように、文頭に必ず一人称を付けて下さい。

      削除