サイトマップ

管理人 開設 6/11/2009

管理人が今までに読んだ脳科学や心理学関連書籍についての批評です。 日々の考察 脳科学や心理学の学習を通して得られた知見を、私達の日常生活に採り入れる試みやアイディア。 連載記事 一つのテーマに関して、複数回に渡って掘り下げる連載記事です。

【書評】あるニセ占い師の告白


以下、Amazonに投稿したレビューです。

5つ星のうち 1.0 読者をバカにするにも、程がある2009/6/22
投稿者 
冒頭からいきなり、「本書は、John・W・culver(中略)の翻訳本というかたちをとっていますが、(中略)私、石井 裕之のペンネームによるフィクションです」とある。

正直、「はぁ!?」と思ってしまいました。
つまり、本書に登場するニセ占い師が架空の人物だとするならば、そのニセ占い師が語る「コールド・リーディング」なるテクニックもまた、架空のものなのではないでしょうか??

そもそも、著者が何を意図してこの本を書いたのか、全く解りません。

純粋に「口下手で引っ込み思案な人に、他人とコミュニケーションする事の楽しさを伝えたい」と思っているのであれば、ワザワザ、こんなフザけた内容の本は書かないで、もっと真っ当なコミュニケーション術を説けばいいだけです。

「俺は、コールド・リーディングを日本に広めたパイオニアなんだ」

そんな自慢しか感じ取れない本です。

書評
【書評】あるニセ占い師の告白 【書評】あるニセ占い師の告白 Reviewed by 安井真守 on 2/21/2013 Rating: 5

0 件のコメント:

管理人紹介

安井 真守

安井 真守
1972年4月23日生まれ
群馬県高崎市在住

Powered by Blogger.